スポットライトは物凄く熱い

最近ではLEDなどのような殆ど熱を発することがない照明設備もありますから、すべてがすべて、ということではないのですがスポットなどは今でも白熱電球を使っていることが多く、これが物凄く熱いです。使い側もそうなのですが、ライトを当てられている側も相当に眩しく、そして熱いです。ですから、これをどうにか改善したほうがよい、ということがあったりします。しかし、やはりスポットでライトを当てることは必須になっていることがコンサートとか演劇などではあることになりますから、これは実に大変ことでもあります。そもそも熱がある、ということに大きなメリットはありませんから、少しでも熱を下げて、明るさはそのままで、ということを頑張って新しいものが開発されているくらいです。また、昔は手動であり、点灯と消灯くらいはオートでできたのですが、最近ではスポットライトが動くことも自動で、ということが物によっては容易にできるようになっているほどなのです。