電力による音の差


車に乗っているとなんか、イヤホンやヘッドフォンで聞いている時よりも音質が下がるなと感じたことはないでしょうか、その感じは正解です。イヤホンやヘッドフォンの音質がいいのは有線の場合は短いということです。車の場合だとどうしても4つのドアから音を流すのでつまりで言えばオーディオからの距離がかなり遠いです。そのため劣化をしてしまします。豆知識ですが、有線でももちろん長ければ長いほど微々たる抵抗がある為、それがノイズとなり音質を劣化させてしまうのです。話は戻しまして、この有線とはどこまでいってもわずかなノイズが発生してしまします。また、電力の供給でもかなり音質が変わってきます。イメージで言えば同じ水をホースから出すときに同じ電力でもつまめば勢いが増しますよね。そこで車のオーディオも同じことが言えます。ヘッドユニットの電流を直接バッテリーから取るという技があります。そうすることで電流が強くなり、抵抗も気にすることなく音を楽しむことができます。